読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

私に向かない職業。

10歳の時に初めて漫画を描いた。
読んでるだけでは物足りなくて、自分の物語を自分で描きたいと思った。
描けないとは思わなかった。
世の中にこれだけ漫画を描いてる人がいるんだから、自分にだって描けると思った。
実際、描けたし。
だから今でもやってやれないことはないと思ってる。
必要なのは気力とちょっとした道具だけ。

巧くやるには才能が必要かもしれないし、稼ぐには運も必要になるかもしれない。
でもただ描くだけなら誰にだってやれる。
紙と鉛筆だけで始められるこの趣味は、永らく自分を支えてくれてる。

"物語が創れる"事が、自分のアイデンティティの核になった。
10歳でこれを見付けられたのは、本当にラッキーだったと思う。
良い意味で自分を見失ったことが無い。
だからブレない。
色んな事がある人生だけど、物語を書くことさえ出来れば幸せで、だからこそ、そこが私の最大の弱味でもある。

必然的に本の装丁など、自分でデザインすることも出来るようになった。
最初の仕事でワードアートでポスターを作る事が多くて、更にラッキーな事に美術の先生の資格を持ったアルバイトさんがいて、CGのテクニックはほとんどその人に教わった。
ワードアートでもグループ化や反転を駆使すれば、かなりカッコいいポスターが作れる。

だから次の職場でもポスター作成を頼まれた時に、テーマに合ったデザインで"自分が"カッコいいと思うものを作った。
水族館がテーマだったから、水面に白抜き文字が浮かぶような、クールなやつだ。
ところが、その時の上司がトコトン美意識の合わない奴で「ポスターには3色以上使わないで」とか言うのだ。
おそらくスーパーのPOP作成術でも読んだのだろう。
上司と言えどもクライアントであるから、私はこの時「嗚呼、クリエイターには向かないな」と思った。
好きに作品を作ることは楽しいけれど、誰かに求められたものを作ることには不満しか抱けなかったのだ。

今の仕事に就いて、デザインとは程遠い仕事に就いたと思ったけれど、やっぱりちょっとした書類のレイアウトなんかに自分を出してしまう。
特にメールの署名なんかは、あの大小の丸や点でキラキラした囲みが大嫌いで、シンプルな破線にしてしまったりして。

そんな私に何の因果か、再びデザインの仕事が回ってきてしまった。
今いるデザイナーが辞めさせられることになって、その御鉢が与えられようとしているのだ。
フォトショとイラレとCADを使えるようにしてきて!とスクールに通わせられた。
ラッキーだ。誠にラッキーだ。
 デザインは好きだし、独学だったソフトもちゃんと基礎から教えてもらった。
でも、メールの署名にあんなキラキラを並べるこの会社と、自分のセンスが合致するとはとても思えない。
きっとまた使えるソフトで"誰かが"作りたいものに近いものを作らされて「ちょっと違うけど、まあこれでいい」と言われるんだ。
嫌だなぁ。そんなに言うなら自分で作れよ。
でも仕事でそれを言うわけには行かない。
求められたベクトルで、求められた以上のクオリティを叩き出すのがプロの仕事。

前の職場でもやってたんだけど、求められたポスターとは別に、自分で好き勝手作ったポスターも平行して作ってたんだよね~。
もう捌け口がないとやってられなくて。
でも今はそんな時間無いかなぁ…。

雑誌に載ってた言葉を思い出す。
1時間かけて100%のクオリティの書類を出す人間より、1時間で80%の書類を2つ出せる人間の方が、会社では評価が高い・と。

そうなんだよねぇ。
適当に整えたシートをコンスタントに出せば良いのだ。
そこに"自分"は要らないのだ。
と、言い聞かせて寝よう。
この気持ちも物語に託せばいいのだから。