読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

落ち込む年末。

年末。
しばらく顔を出していなかったオンラインゲームでも進めようかとログインしたが、何だか心が折れてしまった。
オンラインゲームはマラソンだ。
当然休んでいた私と、その間もずっとゲームを続けていた人たちとは大きな差がついていて、挙げ句、自分の遥か後方にいた人たちが私の前を走っていた。
何だかやりきれなくて、もうとても追い付ける気がしなくて、何も言わずアカウントを消してしまおうかと、昨晩は小一時間布団の上でごろごろしていた。
悩まなくてもごろごろしている年末なんだけど。

自分は本当に何もかも中途半端で、最後までやり遂げたことがない。
シュミレーションゲームのCGコンプがせいぜいぐらいで、それだって数える程度にしか達成していない。
ゲームなんて楽しみ方は人ぞれぞれなのだから、フルコンプを目的としなくても、好きなキャラだけでも攻略すればそれで良いとも思うけれど、私の周りにはとことん楽しむ人が多い。
それもものすごい集中力で、とても効率の良い方法で、でもネットに頼らない自分の方法で。
そういう人と同じ時にゲームを買って、ネットで出回ってるスキルをコピーしてだらだらプレイしている自分を思うと「やってる意味あるのかな」と感じざるを得ないのだった。

おそらくこれは自分の中の“お山の大将”癖が悪く関係していて、要は自分がある程度上にいないと気がすまないからなのだ。
ぶっちゃけ自分はそのゲームがそれほど好きではなくて(もちろん周囲に関係なく好きで続けているゲームだってあるけど)そこでなら多少頑張れば上に立てるかもという甘い見込みあっての踏み台なのだ。
多少頑張ればというのがまた曲者で、自分の生活のリズムをある一定以上邪魔しない範囲で取り組んだ場合、という前提が付いている。
本当に、本当に、自分はどうしようもないダメ女で甘ったれで、何一つまともにできないアラフォーなんだと、また改めて考える年末になってしまった。

ちやほやされたい、誉められたい、けど努力はしたくない。今の自分を認めて欲しい。

こんな気持ち中学生くらいで卒業したかった。けど何だかんだこの年までついて回ってくる。

周囲は変えられない。変えるのは自分自身だというのはよく見かける自己啓発だけど、どうやって変えたらいいかもわからない。
だからこんな自分を諦めて折り合いをつけていくしかない。

2年以上も頑張って続けてきたゲームだけど、衝動に駆られていつかアカウントごとばっさり消してしまうときが来るかもそれない。
それでもそれが自分だ。何もできない自分、最後までやりとげられない、無意味なプライドだけが厄介な友達である自分。
もうそれでいいじゃないか。

広告を非表示にする