読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

晴れた日にベランダに洗濯物が干してある幸せ。

晴れた日にベランダに洗濯物が干してあると、何故か誇らしい気持ちと満足感でいっぱいになる。

 

英語を勉強していた時に、海外の方とお互いの非ネイティブ言語で書いた日記を添削し合うサイトに登録していて、同じような事を英語で書いて載せたら「何故折角洗った物を汚い外に出すの?」という質問を受けてびっくりした。国にも拠るけど、国によっては洗濯物を外に干す=貧しい地域という認識があるらしい。基本的にアメリカやヨーロッパでは乾燥機がで乾かすのが普通らしい。そう言うこともネットで調べてみて初めて知った事だけど、未だその巨大そうな乾燥機の画像を見たことはない。

 

問いかけに対し私は拙い英語で「太陽光という自然エネルギーを活かした伝統的な日本文化だからだ」と答えた。皆さんならどう答えるだろう?

 

あのサイトで交流していて一番感じたのは、自分が日本人であることと、自分が個であることだった。私の日常や思いは単なる個人の物でしか無いのに、海外の方からすると日本人は皆~という意識がある。逆もまた然りで、アメリカの人の日記を読んで、アメリカを知った気になってしまう。私は彼女を知ったに過ぎないのに。

 

個のみで全体を述べることは危険だし間違っている。また全体から個を決めつけることもあってはならない。貴方も日本人でありながら外に洗濯物を干す行為に抵抗があるかもしれない。それは貴方で、日本人で、私もまた日本人で、しかしこの点では貴方と相容れない。それが連綿と続き世界を構築している。だからこその世界で、認識など何の意味も持たない。ただそこには分かり合えない個が有るだけだ。