読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

ドラマ『あなたのことはそれほど』第1話感想。

5年付き合って、最初の結婚をした。

でも、結婚して2年目には夫以外の人を好きになってた。

だからこのドラマはとても胸に刺さる。過去の自分の「結婚という過ち」を、まざまざと見せつけられているような気がして。

 

私もみっちゃんと同じで「なんだかときめかないけど、きっと結婚ってこういうもんなんだろうな」と思いながら結婚した。ちゃんと仕事があって、両親に愛されてて、私を好きだと言ってくれる優しい人。きっとこういう人と結婚するのが一番で、そういう人と出会えた私は幸せ者で、だから結婚したら幸せになるんだろうなと思った。周りからも「おめでとう」とたくさん祝福されて、やっぱりこれが正しいんだ、これが俗に言う普通の結婚なんだと、漠然と考えて結婚した。

 

そうやって結婚して上手く行く人も、もちろんたくさんいるだろう。でも私は上手く行かなかった。あの頃は、流れでああやって結婚するしかなかったけど「こういうもんなんだろうな」と思いながらも、1ミリも幸せな結婚生活とやらを想像出来なかった自分にもっと疑問を抱くべきだったとは思う。掃除をして洗濯をして料理をすることは、これっぽっちも結婚生活とは関係がなくて、同じ布団で寝ることも、手を繋いで同じ家に帰ることも、おはようとおやすみを毎日言い合うことも、別に結婚生活では無かった。じゃあ何が結婚生活なんだろう。私が結婚に向かなかった事だけは確かに分かったのだけれど。

 

私は、自分が信じられないし、相手も信じない。愚直に人を信じられる人間も胡散臭くて信じられない。それでも今の私は、ちゃんと半分幸せで半分不幸せだ。突然打ち切られる幸せに怯えて、何処かで覚悟して生きてる。ドラマの結末はきっと誰もが報われないんだろうけど、実際には誰にも幸せの尺度なんて分からない。でも自分の幸せに、他人の不幸せを踏み台にしない為にも、一人で掴める幸せの尺度は早いうちに見極めた方がいい。ずっととか永遠はここに存在しないから。