読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

猫は意外と許してくれる。

新年明けましておめでとうございます。

下書きフォルダに1年前の“謹賀新年”記事が眠っていることは内緒です。いつかきっと彼も日の目を見る日が来ることを信じたいです。

 

さて、今年の年末年始は飼っている猫が風邪を引いてしまって、動物病院に始まり、動物病院で終わる正月でした。看病とは言っても、朝晩のご飯に薬をかけるくらいで、あとは見守るしかないのでとにかく一緒に過ごしていたら、最高の寝正月になってました。

 

私は昔うさぎを飼っていたのですが、大人しく爪を切らせてくれるようなおっとりうさぎではなかったので、定期的に爪切りの為だけにうさぎを動物病院に連れて行ったものですが、うさぎも賢いのでケージに入れるのも大変でひどく抵抗されました。やっと連れて帰ってくるとぷんすかとしばらく見向きもしてくれません。怒っているのです。ケージの端で乱れた毛をひたすら繕って、ぷんぷんと怒っています。うさぎも表情豊かなので一緒に過ごしていてとても楽しかったです。

 

猫は飼い始めてまだ7ヶ月で、病院に連れて行ったのはそれぞれ2回ずつですが、ケージを開くと2匹とも入ろうとするのが不思議です。まだ子猫だからでしょうか。それとも筒状のものを見ると入らずにはいられない猫の習性でしょうか。とにかく猫に関しては「ケージに入ってくれなくて困る」という目には、今のところ遭っていません。

 

そして病院から帰ってきてからも、怒るどころか体を寄せてきて「怖かったにゃん」と言わんばかりの表情です。なんて可愛いんでしょう!うさぎももちろん可愛かったけれど、うちの猫の可愛さはまた格別です。大きくなったら態度も変わるのでしょうか。とにかく今はこの貴重な子猫時代をしっかり記憶に刻みたいと思っています。

 

まだまだこれからのにゃんこ生活ですが、猫はあんまり根に持たないなぁという印象があります。それがとても優しくて心地よいです。謀らずも風邪と共に年越しになってしまった猫たちですが、これからも末永く一緒に暮らして行けるように頑張ります。