読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

知っておきたい初めての賃貸契約【1】

アパートやマンションを借りる時、決め手は駅近?家賃?間取り?
それらももちろん大切ですが、入居中・退去時のトラブルはけっこうあるもの。
「知ってれば損しなかったのに!」「入居前に確認すれば良かった」と後悔しないための、仲介業者が教えてくれないポイントをまとめてみました。


1 その部屋は家主の持ち物である

初めての賃貸で意外と見落しがちなのがこれ。
「そんなの分かってるよ。だって借りてるんだし」
と思うかも知れませんが、ベランダの物干し竿一本、照明の紐一本まで家主の持ち物だと意識したことはありますか?
よく“入居前に傷や不具合を控えておく”と言いますが、実際はどの程度まで控えて置けばいいのか分からず、何となくフローリングのへこみを見付けて写真におさめてみたりしたというような人が大半だったりします。
実は賃貸では“退去時に入居時と同じ状態で家主に返す”のが鉄則なので、自分がどんな状態で部屋を借りたかがとても重要なのです。
フローリングのへこみも貴重な資料になり得ますが、もっと重要なのは照明はついているか、エアコンはついているか、洗濯用蛇口に器具やホースはついているか、備え付けの冷蔵庫に付属品はあるかなど、全体的な部屋の状態を写真に残しておくことです。
入居時の状態で部屋を返すということは、照明が無い部屋であれば退去時に照明を外して返すということです。
「照明なんてあった方が便利だから残していったほうが親切なんじゃない?」
と思う方はとても多いですが(エアコンもそうです)残して行く場合には事前に持ち主である家主の了承が必要になります。
喜んで了承してくれる家主もいますし、残して行くなら処分代を出せと請求してくる家主もいます。
【入居時の状態で退去する】ということをよく覚えておいてください。