読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

靴紐さえ結べない。

今の会社に入って一年近く経つのに、結局打ち解けられぬままギクシャクしている。
こうなったらもう親しくなることなど無いだろう。何か機会があるかもしれないけど。

そんな訳で、帰りのタイミングがかち合ってしまうと非常に気まずい。
お互い話すこともないし、とにかく一緒に帰るなんていう選択肢はあり得ないから、何となくずらしずらし、それを全力で避ける方向で帰らなくてはならない。

そこで私が今日取った行動は“靴紐を結ばずに出る”であった。
出入り口でぐちぐちと靴紐など結んでいたら、後ろから迫っている先輩と言葉を交わさなければならなくなる。
靴紐など少し歩いたところで結べばいい。
しかしその少し歩いたところで、今日はその先輩が私と同じルートで通勤していたのを思い出した。
つまり帰り道も同じ可能性が高い。

私は靴紐を結べないまま、はや歩きでその道をやり過ごした。
もうなんて面倒くさい関係なんだろう。
そうしているのは勿論私なんだけど。

しかし。しかしよ。
今日の先輩(B子さん)は取り分け私を嫌っている(ように感じる)のである。
はっきりと年齢を訊いたわけではないが、確実に同年代、見た目だけなら私のほうが若いくらいの女なのだが、初対面から上手く行かなかった。
もしかしたら相手も同じ様に感じているのかも知れないが、敢えて主観的に述べるなら、最初からかやの外扱いだったのである。
新人で(と言ってもアラフォーの新人など微妙な存在過ぎるが)入ってきた私には分からない話で終始固め、質問を挟む余地も、こちらに質問をしてくる様子も、とにかく微塵も与えないのである。
何が気に入らなかったって、向こうにも言い分があるだろうが、それにしたって散々相容れなかった。
ところが私の後に入ってきた19歳の正真正銘の新人には散々甘いのである。
こうなったら嫌われた理由は歳のせいだけだと思いたい。
実際には口臭とかセンスとかバツイチとか大卒とか、色んな要因が絡んでいるようにも思うけど。
いや、本当に入社してからずっと悩んでいるのだ。

嫌われていると割りきって仕事に臨んでいるけれど、それでもやっぱりもやもやする。

靴紐を結べないまま歩いている、まさにその気持ちそのままに。