読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Complex+Drive*

勝手に上から目線の、真っ黒な。

学生時代に戻りたい。

今日整体を受けていたら、整体師のお姉さんから「去年の今頃はまだ大学生だったんですよー。1年でいいから学生時代に戻りたいって友達と話しててー…」という世間話に。眠かった私は適当に話を合わせて「そうですねー。時間はたくさんありましたねー。」などど相槌を打っていたのだが、内心(学生時代に戻りたいなんて思ったことねーな。つーかお姉さんこの仕事辛いのかい?)などと思っていた。

 

学生時代なんて言わなくても、20代でも30代でも、私は過去に戻りたいと思ったことが一度もない。自慢じゃないけど好きな仕事しかしてないし、今が一番楽しい。学生時代なんてお金も無くて、時間だけはあるけど不自由だし、何のかんのと他人ばかり意識して精神的にも疲れたし、お世辞にも良い時代とは言い難い。もちろん若い時にしか出来ないことは山ほどあるし、思い悩んで刺激を受けたことが今の自分を形作っているし、無意味・無駄なんて思わないけど、戻りたいほど楽しい時代ではなかった。そう考えるとお姉さんの学生時代は大層楽しかったのだろうなぁ。それともやっぱり整体師という仕事は、思い描いていた自分の未来とはかけ離れているのだろうか。だとしたらとても残念だとおばさんは思う訳で。まだ若いんだから転職でも何でも好きなことに時間を使ったほうがいいよー!なんてお節介に言いたくなってしまうのです。

 

今の職場では10以上も年下の女の子たちと仕事をしている。やれ彼氏がどーした、結婚がどーだ、出産がどーだ、あいつがムカつく、何であの人は分からないの?何でもっと効率良くやれないの?…と、まあ毎日エネルギーを放出している感がある。自分の20代を振り返ってみても、傲慢で怒りと嫉妬に満ちた20代だったから、おそらく20代ってそういう時期なんじゃないかなと思う。それが30代の前半くらいまで続き、徐々になんだか細かいことがどうでも良くなって、執着みたいなものが薄らいで、自分との折り合いがついてくるから不思議だ。聖人じゃないから、もちろん上手くいかないことの方が多いし、自分の責任で損害は出るし、不用意な一言で他人を傷つけてしまったりもするし、瞬間的に怒りが湧くこともあるけど、家に帰って猫にごはんを上げて、自分のご飯も適当に食べて、猫とゴロゴロしながらニュースなんか観ていると「今日って何かあったっけなー」なんてすっかり忘れているのだった。忘れるなんて良くない!と言う人もいるだろうけど、世の中の大半は忘れなければ生きていけない。否定して生きていくより、肯定して生きていくほうがよっぽど楽で、この歳になるとついつい楽な方へ流されてしまうのだ。

 

そんな風にぼんやりおばさんをやっていると「本城さんはいつも穏やかでいいですねぇ」と言われる。この物言いには2通りあって、一つは言葉通り良い意味で、悪い人は悪意を持って(ったく、このおばさんは能天気で呆れるわ!)という意味を込めて言ってくる。「あなた達も歳を取れば分かるわよ」なんて適当な言葉を返す本当のおばさんにはなりたくない。というか、自分より年上でもよく分からないゴシップニュースに一喜一憂したり、大勢を鵜呑みにしたり、勉強しようとせず上辺だけ取り繕ってる大人もたくさんいるから、「そんなことないです」と苦笑いを返すことにしている。それは暗に「あなたの人生なんて私にはこれっぽっちも気になりませんよ」という最上級の冷たさであったりするのだった。

 

とにかく、2匹の猫に挟まれて温々とこの文章を書いている今が一番幸せなのである。